2013年1月26日 « トップへ » 2013年1月28日

2013年1月27日

できるだけ歯を削らない、痛みの少ない治療を

【お約束4】できるだけ歯を削らない、痛みの少ない治療を虫歯治療自体は、麻酔をきかせて行いますので、痛みはほとんど感じないといえます。一方、「痛みをとる麻酔注射が苦手」という患者さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、

●麻酔注射をする前に歯ぐきへ麻酔薬を塗ります
●注射の痛みをやわらげる表面麻酔を行います
●注射針も細いものを使用します
●麻酔液を注入する際の不快感を軽減できる電動麻酔という機器も使用します

これにより、ほとんど痛みを感じない麻酔注射をすることが可能です。

虫歯治療の際にも、できるだけ歯を残せることを大切にして、削らなくてもいい部分まで削らないように、細心の注意をした治療を行わせていただきます。

【虫歯治療】虫歯の進行とその進み方について

小さな穴が空いているが痛みはない小さな穴が空いているが痛みはない
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌に溶かされた状態で、小さな穴が空いています。まだ象牙質に達していませんので、痛みはありません。

<治療方法>
虫歯の部分を必要最小限削り、保険適用の白い詰め物をして終了します。

小さな穴が空いているが痛みはない冷たい物や甘い物を食べた時しみる
虫歯がエナメル質の下にある象牙質に達した状態です。冷たい物や甘い物がしみ、触ると痛みを感じるため麻酔をして治療をします。

<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れて完了です。虫歯が深く広がっている時は、麻酔をかけて患部を削り、詰め物を製作して装着します。

小さな穴が空いているが痛みはない激しい痛みを感じる
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達している状態です。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が壊死した時は根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

<治療方法>
麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、根の中の汚れをきれいに取り除いてから被せ物を装着します。状態によっては、抜歯の可能性があります。

早めに治療すれば歯を長持ちさせることができ、治療の痛みも少なくてすみます。痛いと感じる前に、定期検診を受けてお口の中を健康な状態を保つよう心がけましょう。

【お約束2】夜22時まで・土日診療。予約制ではありません

【お約束2】夜22時まで・土日診療。予約制ではありません歯が痛くなる時間帯は、患者さんによって違うものだと思います。

●夜、急に痛くなった
●仕事や家事で忙しくて、なかなか歯医者に行く時間がつくれない

そんな方にも来ていただけるように、

●当院は夜22時まで(受付は21:30まで)診療しています
●土日も診療しております
●また、予約制ではありませんので、いつでもお気軽にお越しください

予約制ではないので、短い期間で治療を行える
予約をして、ゆったり治療を受けたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、当院はあえて予約制ではない治療を行っています。

予約制の場合、歯医者で待たなくていい分、予約が空くまで待つということも多いものだと思います。また忙しい方の場合、予約通りに来られないということもあるかと思いますので、空いた時間にサッと来ていただける体制で治療を行わせていただいております。

ときにはお待たせしてしまう時もあるかもしれませんが、できるだけ患者さんをお待たせしないように治療に取り組ませていただきますので、ぜひお時間のある時にご来院ください。


2013年1月26日 « トップへ » 2013年1月28日


コールバック予約

PAGE TOP