2013年1月23日 « トップへ » 2013年1月25日

2013年1月24日

専門的な治療は、専門医が担当します【チーム医療】

専門的な治療は、専門医が担当します【チーム医療】「虫歯治療」や「歯周病治療」を始め、当院では「ホワイトニング」「歯列矯正」「インプラント」「レーザー治療」「小児歯科」「親知らずのお悩み」など様々な治療メニューをご提供しています。

その中で気をつけていることは、ひとりのドクターがすべてを手掛けるのではなく、「インプラントなら、インプラント専門医」「小児治療なら、小児歯科の専門医」「矯正治療なら、矯正治療の専門医」が担当するチーム医療です。

専門的な分野は得意・不得意もあり、経験の蓄積が重要なってくるものです。専門医と協力することで、患者さんにとってベストな治療をご提供できることが、当院の強みであると思っています。

平日は夜22時まで、土日も診療していますので、ぜひお時間がある時にご来院ください。

【子どもの床矯正】歯を抜かない矯正治療

●矯正専門医が治療を担当します。
●成長期のお子さん向けの治療です

【子どもの床矯正】歯を抜かない矯正治療できるだけ歯を抜かない矯正
一般の矯正治療の場合、歯を抜くことが多くなります。

それは多くの場合、あごのサイズに対して歯の数が多かったり、歯が大きいことによって歯並びが悪くなってしまうからです。

また、ご覧になったこともあると思いますが、歯に矯正装置をつけて歯を動かしていく治療になりますので、歯磨きしにくく、見た目も目立ってしまうという特徴があります。

当院が行っている床矯正は、取り外しのできる矯正装置を使って成長期のお子さんの顎の発育を促すことで、同時に歯並びを調整していく治療法です。治療時期としましては、お子さんの永久歯の前歯4本が生えかけてきた時期がベストといえます。

床矯正のメリットとは?床矯正のメリットとは?

■人に知られず矯正ができる
床(しょう)矯正の最大のメリットは、取り外しができるため、人に知られないで矯正治療ができる点にあります。たとえばお子さまなら、写真撮影の日や、大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。

■抜歯の必要がない
「矯正って歯を抜くんでしょ?」と思っている方はいませんか。一般的に、ワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために抜歯をすることがあります。しかし、当院で使用する矯正装置は、歯の土台そのものを拡大することができるため、大切な歯を抜かなくても歯を並べることができます。

■虫歯・歯周病予防につながる
皆さんがよく目にするワイヤーを使った固定式の装置は取り外しができないため、ブラッシングがうまくいかず、虫歯や歯肉病になってしまう方がいらっしゃいます。しかし床矯正では、装置を取り外すことで、普段と同じようにブラッシングが可能です。

■矯正治療後の「後戻り」が少ない
機能的矯正では、歯を動かすのではなく、装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促します。ですから、治療後、歯の位置が戻ってしまう「後戻り」がほとんどありません。ただし、ゆっくりと歯を移動してゆくので、ワイヤーを使った矯正に比べて時間がかかります。

治療の流れについて
◆治療期間は平均1~3年です

【1】矯正検査と治療方針説明をします
口腔内写真、顔写真、レントゲン写真の撮影をします。検査の後、検査結果と治療方針の説明をします。この回は1時間30分から2時間かかります。

【2】矯正装置の説明
取り外しの出来る床装置の場合、検査から約2~3週間後に矯正装置が完成します。食事の時、歯磨きの時、しゃべる授業のときは装置をはずしても構いません。とはいえ、寝ている時など、そのほか時間は出来るだけ装置を装着する必要があります。

【3】矯正治療の管理(1~3ヶ月ごと)
1~3ヶ月ごとに来院していただき、装置のチェックや、虫歯と歯ぐきのチェックをします。歯石や歯垢をきれいに取ったり、歯ブラシの練習したり、フッ素を塗ったりします。

【4】12才臼歯生えてくるまでのケア
第二大臼歯と呼ばれる、12才臼歯が正しい位置に生えるまで、管理をします。歯並びになにか問題が起きれば早めに対処します。

当院のインプラント治療とは?

当院のインプラント治療とは?【特徴1】インプラント治療は完全個室のオペ室にて
院内感染を防ぐためにも、インプラント治療は清潔な完全個室のオペ室で行っております。スペースも広く、専門的な医療器具も配備しておりますので、患者さんに安定した治療をご提供することが可能です。

<院内にオペ室があるメリット>
●感染のリスクを最大限排除できます。
●診療台や各種医療機器をオペ仕様にしているため、治療に専念しやすい環境が整っています
●術中に起こりえるリスクへの対応を、オペ前に準備でき、もちろん即対応も可能

【特徴2】事前にCTを撮影します。その上でしっかりとした診断を行います
外科手術をともなうインプラント治療では、口腔内の組織や骨を正確に把握することが安全に治療を行うためには重要になります。当院ではしっかりと事前にCTを撮影し、治療前や治療経過の過程でCTによって撮影した映像を見ながら、しっかりと患者さんの状態を把握して、治療を進めさせていただきます。

【特徴3】「他院でインプラントを断られた方もぜひ相談ください
当院では、最新医療であるPRPをインプラント治療に取り入れています。

PRPとは、通常平均より濃度の高い血小板を含んだ自己由来の血漿のことで、患者さんの血液より血小板を分離して処置部位に使用し、組織再生および治癒促進を安全に作用させるものです。

PRPの良い点は、患者さん自身の血液を使用することで、拒絶反応などが起きずに良好な結果が得られることにあります。

・増骨手術にもPRPを利用
顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療において、骨の幅や量が少ない場合、骨を増やす処置が必要になります。一般的に、移植材を骨の少ない部位に処置するわけですが、一番良いとされるのが患者さんご自身の骨です。

その際に、多くの骨が採取できない場合は、人工の骨を混ぜて使用します。この移植骨と今ある骨とをしっかりつなぎ、治癒を促進するためにPRPを用いるのです。

【当院の審美歯科の特徴】経験豊富な技工士さんが常駐しています

【当院の審美歯科の特徴】経験豊富な技工士さんとの常駐審美歯科治療では、もちろん診療も大切ですが、補綴物(被せ物や詰め物)もとても重要になります。補綴物の品質が、歯や口との一体感や、見た目の美しさを決めるものになりますので、当院では信頼できるベテランの技工士さんが院内に常駐して、連携治療を行わせていただきます。

15年以上も提携し、共に審美歯科治療に取り組んでいる経験とパートナーシップを活かして、患者さんのご要望にお応えできる、ご納得いただける治療をご提供できると自負しております。

技工室ってなんですか?
技工室とは、歯科技工士さん専用の作業場です。ここで技工士たちは歯の被せ物や、入れ歯を作ったり仮歯の調整やセラミックの色を調整を行っています。

院内に技工室があるとどういうメリットがあるの?
院内に技工室を完備している歯科医院はそう多くありません。多くは外部の技工所に発注をかけるケースが多いです。しかしながら、そうした場合、患者さん一人ひとりに精密な治療を提供することができません。

院内技工室のメリットを教えてください
●すぐとなりに専門の歯科技工士がいる
これにより、患者さんの審美的なニーズにスピーディーに対応することが可能。

●スピーディーな対応が可能
治療期間のご相談や、色、形の相談も直接お伺いすることもできます。

●より患者さんに合った「オーダーメイド診療」が可能
歯科医師、歯科技工士がそれぞれ連携しながら、密なコミュニケーションをとり、オーダーメイド治療を行います。

【当院の予防歯科メニュー】スケーリング

【当院の予防歯科メニュー】スケーリング●歯石を取り除く治療

歯周病の原因となる歯石は、ブラッシングで取り除くことが難しいものです。そのまま放っておくと歯垢(プラーク)がつきやすくなり、虫歯や歯周病を招く結果となってしまいます。

歯石を専用の器具を使って除去するのがスケーリングです。初期段階の歯周病の場合、スケーリングだけで完治できるケースもあります。歯石は付着しやすいものですので、3カ月に1度くらいのペースで受けていただくことが理想的です。

【当院の歯周病治療の考え方】歯周病治療は、歯科医療の基本です

【当院の歯周病治療の考え方】歯周病治療は、歯科医療の基本ですたとえば、虫歯の治療をしたとしても、歯を支える土台がしっかりしていなければ、治療した意味はあまりありません。歯周病を治すことで、歯を支える骨などを守ることが、口全体の健康を保つためには重要なのです。

若い世代の人にも見られる歯周病ですが、やはり年をとるほど影響を受けやすい病気ですので、気づいた頃から歯周病対策をすることで、一生ものの歯を大切に守っていきましょう。


2013年1月23日 « トップへ » 2013年1月25日


コールバック予約

PAGE TOP