トップへ » 治療について » 矯正歯科治療

【矯正歯科】歯並びを整えて、健康的な食生活を

矯正歯科では、噛み合わせの悪い歯を動かすことで、正しいきれいな歯並びや噛み合わせを作る治療を行います。

【矯正歯科】歯並びを整えて、健康的な食生活を

「歯並びをよくする」「噛み合わせをよくすることで、食事をしやすくする」
「歯並びをよくする」という外見的な意味合いと、「噛み合わせをよくすることで、食事をしやすくする」という歯の機能的な意味合い両方を持つことが特徴といえます。当院では審美的な面、機能的な面、両面から考えた矯正歯科をご提供させていただきます。

このページでは当院の矯正歯科についてご紹介いたします。

【子どもの床矯正】歯を抜かない矯正治療

●矯正専門医が治療を担当します。
●成長期のお子さん向けの治療です

【子どもの床矯正】歯を抜かない矯正治療できるだけ歯を抜かない矯正
一般の矯正治療の場合、歯を抜くことが多くなります。

それは多くの場合、あごのサイズに対して歯の数が多かったり、歯が大きいことによって歯並びが悪くなってしまうからです。

また、ご覧になったこともあると思いますが、歯に矯正装置をつけて歯を動かしていく治療になりますので、歯磨きしにくく、見た目も目立ってしまうという特徴があります。

当院が行っている床矯正は、取り外しのできる矯正装置を使って成長期のお子さんの顎の発育を促すことで、同時に歯並びを調整していく治療法です。治療時期としましては、お子さんの永久歯の前歯4本が生えかけてきた時期がベストといえます。

床矯正のメリットとは?床矯正のメリットとは?

■人に知られず矯正ができる
床(しょう)矯正の最大のメリットは、取り外しができるため、人に知られないで矯正治療ができる点にあります。たとえばお子さまなら、写真撮影の日や、大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。

■抜歯の必要がない
「矯正って歯を抜くんでしょ?」と思っている方はいませんか。一般的に、ワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために抜歯をすることがあります。しかし、当院で使用する矯正装置は、歯の土台そのものを拡大することができるため、大切な歯を抜かなくても歯を並べることができます。

■虫歯・歯周病予防につながる
皆さんがよく目にするワイヤーを使った固定式の装置は取り外しができないため、ブラッシングがうまくいかず、虫歯や歯肉病になってしまう方がいらっしゃいます。しかし床矯正では、装置を取り外すことで、普段と同じようにブラッシングが可能です。

■矯正治療後の「後戻り」が少ない
機能的矯正では、歯を動かすのではなく、装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促します。ですから、治療後、歯の位置が戻ってしまう「後戻り」がほとんどありません。ただし、ゆっくりと歯を移動してゆくので、ワイヤーを使った矯正に比べて時間がかかります。

治療の流れについて
◆治療期間は平均1~3年です

【1】矯正検査と治療方針説明をします
口腔内写真、顔写真、レントゲン写真の撮影をします。検査の後、検査結果と治療方針の説明をします。この回は1時間30分から2時間かかります。

【2】矯正装置の説明
取り外しの出来る床装置の場合、検査から約2~3週間後に矯正装置が完成します。食事の時、歯磨きの時、しゃべる授業のときは装置をはずしても構いません。とはいえ、寝ている時など、そのほか時間は出来るだけ装置を装着する必要があります。

【3】矯正治療の管理(1~3ヶ月ごと)
1~3ヶ月ごとに来院していただき、装置のチェックや、虫歯と歯ぐきのチェックをします。歯石や歯垢をきれいに取ったり、歯ブラシの練習したり、フッ素を塗ったりします。

【4】12才臼歯生えてくるまでのケア
第二大臼歯と呼ばれる、12才臼歯が正しい位置に生えるまで、管理をします。歯並びになにか問題が起きれば早めに対処します。

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリング

トップへ » 治療について » 矯正歯科治療


コールバック予約

PAGE TOP