トップへ » 治療について » 歯周病治療

歯周病とは?

歯を支えている骨が徐々になくなっていく「骨の病気」
歯を支えている骨が徐々になくなっていき、悪化すると歯が抜けてしまうのが歯周病です。

初期症状の場合は治療をすることで、治すことができる歯周病ですが、厚生労働省の調査によると、日本人の成人の約7割が歯周病にかかっているといわれており、国民病とも言われる実は怖い病気なのです。

歯周病とは?

「自分には関係ない」と思っていませんか?
歯周病の原因は、口の中の細菌にあります。細菌が歯周ポケットなどに入り炎症を起こすことで、歯を支える骨などが溶かされていってしまうのです。初期の歯周病は自覚症状がないため、「自分には関係ない」と思われている方も多い病気ですが、大切な歯を守り続けるためにも定期健診を受けていただければと願っております。

このページでは、当院の歯周病治療についてまとめさせていただきます。

【当院の歯周病治療の考え方】歯周病治療は、歯科医療の基本です

【当院の歯周病治療の考え方】歯周病治療は、歯科医療の基本ですたとえば、虫歯の治療をしたとしても、歯を支える土台がしっかりしていなければ、治療した意味はあまりありません。歯周病を治すことで、歯を支える骨などを守ることが、口全体の健康を保つためには重要なのです。

若い世代の人にも見られる歯周病ですが、やはり年をとるほど影響を受けやすい病気ですので、気づいた頃から歯周病対策をすることで、一生ものの歯を大切に守っていきましょう。

【当院の歯周病治療の3つの特徴】

【当院の歯周病治療の特徴】【特徴1】歯周病治療の学会や勉強会"PEC、JIADS"にも参加しています
当院のドクターは、最新の歯周病医療を学び、患者さんによりよい治療をご提供できますように、臨床歯周病学会やPEC、JIADSなどに参加するようにしています。内服薬による治療に加えて、外科的な治療も行うこともできますので、進行してしまった歯周病の治療を行うことも可能です。

【特徴2】レーザーを使った痛みの少ない歯周病治療
医療用のレーザーを用いて、口の中にいる雑菌を殺し、清潔な口内環境をつくることができます。また、治療後の感染経路となる出血部の止血と消毒を効果的に行うことも可能です。

【当院の歯周病治療の3つの特徴】【特徴3】薬を使った歯周病治療も可能です
ジスロマックという抗生物質を飲むことで、歯周病を治す内科的な治療も当院では行っています。外科治療に比べて、物理的な負担は少ないため、内科的な治療を選択される患者さんも多いですね。

基本的に副作用の少ない内服薬になりますが、ときに吐き気や胃痛、下痢などの胃腸症状があらわれるケースもあります。個人差もありますので、詳しくは診察・カウンセリングの際にご説明させてください。

<内科的治療方法の流れ>
●(1)細菌の除去薬剤の内服

内科的治療方法の流れ


●(2)カビの除去薬剤、あるいはカビ取り歯みがき剤での歯みがき

内科的治療方法の流れ


●(3)除去後の歯石取り

内科的治療方法の流れ


●(4)定期的なクリーニング(定期健診&クリーニング)

歯周病の進行具合と治療方法

歯周病の進行具合と治療方法軽度歯周病

【状態】
歯と歯肉の間についた歯垢・歯石に細菌が繁殖して、歯肉に炎症が起き、歯が腫れたり出血している状態です。

【治療方法】
・1~2回の専門的なクリーニング
・効果的なブラッシング

歯周病の進行具合と治療方法中等度歯周病

【状態】
出血・口臭が頻繁に見られるようになり、歯石も目立つ状態です。歯周ポケットも深くなり、少しずつ骨が減っていき、歯がガタガタしはじめます。

【治療方法】
・丁寧な歯垢の除去
・痛みのある場合、麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要
・歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合、歯周外科の施術が必要


歯周病の進行具合と治療方法重度歯周病

【状態】
歯周病がさらに悪化し、歯肉が化膿して赤く腫れあがり、歯を支える骨もかなり減ってしまった状態です。歯のぐらつきもかなり大きくなります。

【治療方法】
・歯周外科による治療
・歯周病の進行度によっては、抜歯が必要になる場合がある

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

カウンセリング

トップへ » 治療について » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP