トップへ » 治療について » インプラント治療 » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

当院のインプラント治療とは?<治療期間について>
インプラントの治療期間はトータルで3~10ヶ月ほどかかるのが一般的です。

1.精密検査と治療計画の確認
インプラント治療を行うには、

●施術前にどれだけの歯が失われているのか
●今ある歯がどんな状態なのか
●骨格や骨の硬さ、大きさ、噛み合わせはどうなっているのか

など正確に把握しておくことが非常に重要になります。

2.1次手術
通常、インプラント治療における手術は2回に分けて行われます。1次手術では歯茎を切開してアゴの骨を削り、歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋め込みます。手術時間は1~3時間程度です。

3.定着期間
1次手術の後、消毒や抜糸などのプロセスを経て、インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約3~6ヶ月ほど時間をあけます。

4.2次手術
インプラントが定着したところで、埋め込んだインプラントの頭を出し、「アバットメント」と呼ばれる連結部分の装着手術を行います。

5.人工歯の装着
歯茎が治った時点で歯の型取りを行い、歯の形や色、歯並びを確認しながらインプラントの上にかぶせる人工歯を作ります。2次手術から約1~6週間後に人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。


トップへ » 治療について » インプラント治療 » インプラント治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP